• 生活文化
  • 公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会大分県支部

    〔平成30年度の活動記録〕
     2017年12月に2017NFD「第20回フラワーデザイン展」&「第9回めじろんカップ」をオアシスアトリウムプラザにて開催。出展は会員&一般。カテゴリーはアレンジメント、ブーケ、プティデザイン、花束に分かれ、80点もの個性溢れる作品が並びました。
     また県内学生によるフラワーデザインコンテストには大分短期大学、大分県農業大学校、大分県立東高等学校より20人の出展があり、学生らしい可愛い夢のある作品が多くの人達の目を楽しませてくれアレンジ講習会やデモンストレーションなどで賑わいました。
    (設立)
    (公社)日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は1967年に創立され1969年に文部省(現:文部科学省)に許可された公益法人です。現在、日本最大の会員数30,000人を擁し、大分県支部は全国53支部の内の一つで支部会員数187名。平成22年6月1日に内閣府より公益社団法人の認定を受けました。
    (概要と活動目的)
     正しいフラワーデザインの普及や技術の向上を図り、ひいては日本の生活文化や産業の発展に寄与することを目的に活動しています。また、さまざまなイベントや学校教育などを通じ、フラワーデザインの普及活動を実施しています。
    (活動内容)
     過去大分で開催されました全国生涯学習フェスティバル、国民文化祭、全国都市緑化フェアにフラワーデザイン展、ガーデニングコンテストで参加し、また、一般の方々へ講習会等を開き、みなさんとともに花を愛しみ・楽しみ、また花を通じて人と人との交流や会員間どうしの情報交換・技術交流などを図っています。ここ最近では、小学生・中学生を対象に文化キャラバンなど花育事業を通しFDを幅広く教えています。また、社会貢献活動として施設を訪問しお花をプレゼントし花と人とのコミュニケーションをはかっています。
    ‘08大分国体では天皇、皇后両陛下御席ご装花、開閉式の装花制作を担当し、全国障害者スポーツ大会では、皇太子様御席ご装花またオフィシャルサプライヤーとして3,850個のブンゴウメをイメージした花束を入賞者全員に寄贈する。
     2017年1月22日に大分県支部創立40周年記念式典、記念事業として現代の名工3名に依るスーパーデモンストレーションをトキハ会館にて開催し、音楽&フラワーデザインを堪能いたしました。
     2018年10月、二巡目国民文化祭へ参加し多くの方にフラワーデザインを見て頂きました。

     
    閉じる